ホーム > 品質について

品質について

目的:製品品質の標準化を確保し、品質の水準を向上します。
範囲:製品及び研究開発、設計
方式:品質管理操作手順書
責任者:工程部、業務部、品質管理部及び関する部門
要点:
① 工程部は資料の作成をします。収集するCNS/JIS/ULなど国内外の規格資料,業務部、品質管理部からの市場調査、お客様の要求、クレーム資料により,新製品を開発し、現有製品の改良をします。
② 設計完了後は発生可能の問題及び設計の品質要求を検証するために,製品の試作、検査を行います。
③ 試作不良が発見したら,即刻検査修正、再試作をします。
④ 試作合格するまで,関する部門に連絡して材料使用の標準、材料規格、ユニットパーツの規格、製品の規格、作業標準、標準工時、QC工程表などを制定します。
⑤ 設計する新品はCMOであれば,試作合格品は必ず業務部を通じてお客様に送付し、承認した後で生産開始します。
⑥ 工程資料は関する部門にフィードバックし,且つ規格、標準、計画についての変更を徹底的に実行します。

本管理方法は品質管理委員会の承認のもとで実施します,修正する時にも以上と同じです。