News
ホーム > ニュース > ニュース > ハイビームの乱用は、殺人に等しいです。

ニュース

ハイビームの乱用は、殺人に等しいです。

  • ソース:テンセント車
  • 公開::2016-01-07

法的なレベルから、まず、

私たちの国で交通安全に関する法律によると、第48条の規定:オープン街灯や他の照明では良い道路はハイビームを開くべきではありません。ロービームライトへの切り替え前に、150メートルの前にあるべき車両のハイビームを開きます。

第二に、ハイビームの乱用は危険につながる可能性があり

ハイビームの乱用は「殺人」の一種です。ハイビームの乱用は、次のような結果のドライバである可能性が高いです。

(a)は、高ビーム通過車一瞬盲目につながることができ、非常に危険です。 1-3秒の時間には何も見ることができないもう一方の側に、ハイビームが反対ドライバにつながることができ、私の個人的な経験を渡し、3秒間軽蔑しないで移動しながら、これは短い時間ではありませんビジョンの第3、第4、第3秒のロスは、クラッシュにつながる、あるいは人をヒットする可能性があります。

(2)ハイビームの顔に、車両の速度と距離誤差のヘッド用のドライバは、誤動作を起こしやすいです。そう、特に初心者ドライバーのための良い説明、逆の状況が判断できない場合は、初心者ドライバーは遅くする整然と、コントロール、方向であることが多いものではなく、通常ブレーキの張力によって引き起こされ、パンチの方向、車、隣接トラックの車は、大きな脅威です。

(3)車のオープンハイビームは判断で経過を柔軟につながることができます。車両前方の開放時、あなたの車は車が明るい光のように開いていることを、浅いインテリアのとき3の内側と外側のバックミラーは、ハローの広い領域に表示された後、ハイビーム。あなたが車線を変更したり、回しする場合は3ハローの前の状況の背後にリアビューミラーから見て、あなたの道路前方の視界を絞り込むます不可能です。

第三に、どのように正確にハイビームを使用するには

(a)は、スローダウン:ナイトビジョンは、安全でオープンよりも常により多くの助けを遅く、良いではありません。

できるだけ少ない(2)ハイビームを使用する:今市の照明設備が豊富で、夜は運転の条件の下で、この一般的な暗い道を、遭遇することが困難であり、ハイビームを使用しないようにしてください。

(3)必要な照明が交換可能に使用することができます切り替えたときに車を持って、ハイビームは車を持っているために、浸したヘッドライトと交互にすることができます影響を与えないようにするために、道路の劣悪な照明条件で運転すると、瞬時にする必要があります。

(4)定期的に照明条件を確認してください。頻繁に灯火自分を照らすに直面したときの反対側に切り替え、そのハイビームが不用意に開かれたかどうかを確認する必要があります。

空気の透明性が劣るため、光が空気拡散効果を通過します、ハイビーム(5)霧の天候を無効にするだけでなく、それは車に影響を与え増加します、あなたは遠くを見てみましょうことはありません。

(6)SUVモデルのヘッドライトの高さの増加期間を調整することができます。ヘッドライトの制御機能がある場合、多くのSUVモデルボディが高いので、あっても車の上に浸漬ヘッドライトを開くハイビームに似ていくつかの視覚的なインパクト、多くの場合、所有者の街で使用することを示唆し、電源をオンにしてみヘッドライトの角度は、他車の干渉を回避します。

相手があなたにも距離車を使用することができハイビームを開いた場合(7)お互いを思い出させるためにハイビーム光変換を閉じます。