News
ホーム > ニュース > ニュース > 綺麗だけしゃなくて!LEDヘッドライトについての解読

ニュース

綺麗だけしゃなくて!LEDヘッドライトについての解読

   目は心の窓という言葉はよく言われる。車にとって,綺麗なヘッドライトはこの眩しい目、LEDヘッドライトはカラコンだ。車の目の魅力を直接に向上され、そのファンクションも日々変える。今はLEDへの習いことは必要がある。
  LEDはlight emitting diodeの略称だ。今はランプボックス、看板及び家電器のインジケータ、バックライトなどのロールを演じて登場した。その他にも、車のテールライト、ブレーキライト、昼間走行ランプにも役になった。

● LEDのメリットはなんですか?

車にとって,LED光源は以下のメリットがある(ヘッドライトに限らない):

1、省エネ、安価格:LEDの発光効率は蛍光灯の約2倍だ。蛍光灯の発光効率は白熱灯の4/5,然し、LEDの発光効率は蛍光灯よりも1/4の効率を節約した。車の昼間走行灯を例にとしては、LEDのエネルギー消費はハロゲンランプの1/20ということだ。今のLEDのコストも毎年20%の速度で下がっている。

2、使用ライフ長い:現在の車用のLEDパーツは基本的に50000時間の寿命がある。その他に、知名的な車用ランプサプライヤーは寿命100000時間があるLEDも提供できる。つまり11年ぐらいの寿命だ。そして車燈の使い率を入れると,使用する間にLEDの転換はあまりない。その反面はハロゲンの使用寿命は3000時間……

3、耐用性:LEDは構造簡単、抗襲撃、耐震、裂けにくいなどの特色があり、環境対応性が強い。

4、小さな形がもって設置造型に便利になるこれはLEDの一つ極大な優勢。以上の特色は車メーカーにとって設計上の進化要求を応じてランプ造型の制限を突き破り、創意的な車製品を生じられる。

5、反応早い。LEDの点灯起動時間はわずかなマイクロだ。テールライト及び転向ランプとしては,迅速点灯になるとアラーム提示効果がある;ヘッドライトとしては,ハロゲンとHID灯に比べてその早い反応速度は運転安全に有利だ。

6、輝度減退低。LEDの輝度は高いが、その減退速度はHIDより遅い。照明灯、ブレーキ灯、転向灯などのアラームランプの選択だ。

7、低圧DC電流でプラグアンドプレイ出来、負荷小、妨害弱、使用環境の要求低、適応性強。HID灯と違って昇圧装置はいらない。

 LEDライトの歴史

  電球の出現は150年間に超えた(エジソン時代じゃない)。その歴史と比べてLEDはどうにも新しいものだ。実際、LEDの出現は100年前の1907年だ。その年、ワイヤレス業に携わるHenry Joseph Roundは炭化ケイ素結晶の本体で一定な電圧を付けた後、陰極上で暗い黄色光が出現した。これはダイオードの雛形だと思われる。

  実際意味のLEDは50年前に発明された。つまり20世紀60年代はLEDの発明原点と思われる。技術の発展に続いてLEDの色は最初の赤さから段々変わってオレンジ、黄色、緑……などの種類がある。用途も最初の設備の光源、インジケータランプから今の交通信号灯、LED顕示スクリーン、車信号灯に応用した。


   その前のLEDは白光になるには出来ない,可視光線には白光はないのが原因だ。白光は単色光ではなくて多数の単色光で複合光だ。日常に見えた白光は青+黄二つ光線で組立の光線,或いは青+緑+赤三つの光線で組立の光線である。取り敢えず、以上の方法で青光線は不可欠なので,青い光線も技術のポイントになる。

  20世紀の末まで超高輝度の青い色LEDの開発成功に連れて、白い色LEDは段々に成果をあげる。白い色LEDの色温度は日光とほぼ同じで、照明効果もナチュラルで、LEDは照明分野に入る時間もこの時だ。